ARとは

”Augmented Reality”の略で、日本語では「拡張現実」「拡張現実感」と訳されます。
現実世界の映像や写真に仮想現実(バーチャル)の3DCGや動画を追加して表示する技術です。
印刷物と組み合せて活用することで、利用する人への印章に残る”告知のしかけ”となります。
企業や店舗のイベント・キャンペーンなどでは、AR技術を活用した販促・PR活動が話題を集め、
スマホ戦略のひとつのツールとして注目されています。

新たなコミュニケーションツールとしてのAR

印刷物(紙)で伝えられる情報量には限りがある

スマートフォン・タブレットの普及は、誰もがいつでも情報収集することを可能とし、
また、FacebookやTwitterなどのSNSを利用することによって、
いつでもタイムリーな情報を発信、共有できるようになりました。
アプリやサービスの利用・体験を通して、共感を得てファンを増やす、という企業や
店舗のマーケティングにつながっていきます。